パートが受からない主婦さんへ。 在宅ワークならわりと簡単に働けるよ

こんにちは。

在宅ワーカーのエヌ子です。

在宅ワークをはじめる前はパートに挑戦しましたが、

そこで感じたのが『専業主婦からパートに挑むハードルの高さ』です。

「社会復帰したいのになぜ採用されないの?!」と悩んだものです。

今回の記事はこんな人に読んでほしいです。

  • パートで働きたいものの、思うように進まなくて悩んでいる
  • 在宅で働くメリットを知りたい


N子

この先の働き方を考える参考にしてもらえればうれしいです♪

アラフォー主婦のパート探しはハードルが高い

 

「毎回面接で落とされる・・・」 「書類選考すら通らない・・・」

なかなか採用までにいたらないと、モチベーションも下がってしまいますし、 人手不足と言われているのに落とされると本当に凹みますよね。

パートで落ちてしまう理由は?

パートを落ちてしまう理由には色々あります。

  • 年齢制限に引っかかっている
  • 子どもが小さい
  • 子どもを預かってくれる人がいない
  • 働きやすい職場で応募者が多い
  • 希望する時間帯や曜日が限られている
  • 将来的に子どもを希望している

わりと当てはまる人もいるかもしれませんね。

ですが明るく前向きにチャレンジしていけば、きっと報われて採用される日は必ずきます。

あまり考えすぎないように切り替えるのがポイントです。

 

悩める主婦さん

わかってるけど、仕事が決まるのはいったいいつなの!…先が見えないよ

くろねこ

その気持ちほんとわかるニャー

 

私もパートに落ち続けました

 

これまでサービス系の仕事しか経験がなかったのに、 週末や祭日は夫に合わせて休みたかったので、事務系にしぼって探しました。

すると落ちるわ落ちるわ…!

特に平日の9〜15の勤務時間にしぼったときは目も当てられない悲惨な状況。

酷いときはネットで住所、名前、生年月日の入力しただけでアウトでした。

事務はパートの花形ですし、みんな考えることは同じですね。

面接までこぎつけたときも、「声小さいし笑顔がないし根気がなさそうだねー」 と面接官にボロクソいわれたり、

「N子さんなら大丈夫!是非お願いします!」といわれたのに、不採用通知がきたり散々でした。

在宅ワークが私にチャンスを与えてくれた

 

落ち続けたこともあり、だんだん面接にかかる時間が面倒になってきました。

時間を有効に使えて、できるだけラクにお金を稼ぎたいけど、何かないだろうか? と探していたときに見つけたのが「@soho」というサイトです。

 

今では大手のクラウドワークスランサーズに隠れてまったく目立ちませんが、 在宅ワーカー向けの求人サイトとしては老舗です。

もともと数学より国語が好きだし ライターなら挑戦できるかも♪ と単純な動機と、興味本位で応募してみました。

すると意外と初心者でも採用してくれるクライアントがいたのです!

最初の仕事は1文字0.5円くらいの単価激安な記事執筆でしたが、 意外と楽しくこなせました。

プラスαで商品比較サイトの商品登録作業など、事務的な仕事にも取り組んでいました。

そして……1ヶ月後に初お給料(報酬)をGET!

詳細は 

1日2時間 週4〜5日で、5万円くらい

だったと思います。微々たるものですが収入ゼロのころに比べると大きなステップアップです。

面接にいくこともなく、クライアントとのメールのやり取りだけで仕事ができるなんて、なんてラクなんだろう!

それに書くことで誰かに情報を伝えられることにやりがいを感じました

私がパートより在宅ワークでよかった!と思うポイント5つ

 

1.好きな仕事だけ選べる

近年働き方も変わってきているので、Webライターだけでなく、事務・秘書・人事・総務など、さまざまな業種・業界の在宅ワークがでてきています。

在宅カスタマーサポートはこれからますます増えていくのではないでしょうか。

やる気・がんばり次第なところもありますが、挑戦しない手はないですね。

なかにはこんな求人も。

 

など、在宅ワークでも探せば高収入な案件もたくさんあります♪

2.コツコツ取り組める

 

納期さえ守れば、日中だけでなく、空いた時間に仕事ができるので、主婦も無理なく働けます。

3.ご機嫌とりをしなくてすむ

 

パートの場合、社員さんや先輩にたくさん気を使わなければなりませんよね。

おべっか、愛想笑い、女子トーク、付き合い、お局さんへのご機嫌取り…。

私は全部苦手ですが、そのストレスが一切ないので精神的にとっても健康です。

N子

のんびり ラクに生きてます

4.時間を有効活用できる

 

通勤して仕事をはじめる準備をするだけでかなり疲労しませんか?

通勤時間を家事にあてたり、趣味を楽しんだりできて、限られた時間を満喫できます。

5.責任感がうまれる

 

パートやアルバイトとして働いているときは時給は出勤すれば当然もらえました。

在宅の場合、すべて作業時間もすべて自己管理になるので、「絶対に稼ぐんだ!」という意気込みがうまれます

 

  • もっと稼ぐにはどういう方法があるのだろう?
  • 単価を上げるには?

 

という思考力も得ることができました。

パートがだめでもあきらめないで!在宅ワークを考えてみよう

 

思うように仕事がみつからずストレスを抱えている人もいると思います。

そんな時はパート・アルバイトなど外で働くことだけでなく、 在宅ワークにも目を向けてみてください。

視野を広げてみると、 自分にぴったり合う仕事と出会えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です