「保育園の先生と合わない!」「嫌い!」と思ったときの対処法

保育園や幼稚園に入園したばかりのころは、子もママも大変な時期です。

慣れない中で担任の先生との相性が悪ければ、ストレスで毎日の送り迎えにも支障が出てくることもあるでしょう。

これから1年スムーズに乗り越えるために、 苦手だと感じる先生の特徴やその対処法を解説します。

苦手だと感じる保育園の先生って?

保育士さんがいるからこそ、わたしたち親は安心して働けます。いつもニコニコ元気で、先生たちには本当に頭が上がりません。

とはいえ、なんとなく相性が合わない先生だと感じたら、日々のやりとりが辛いですよね。そんな体験を保育園の先輩ママ・パパに聞いてみたのでシェアします。

お迎え時にネチネチ

「今日は早いんですね〜」とまるでお姑さんのような一言。うまく仕事が終われないときだってあるのに!(年長クラスママ)

他の親に対する接し方と、自分への態度が違う

挨拶はこちらからでないと積極的にしてくれない、他の父兄とニコニコ立ち話しする暇があるなら、我が子の様子をもう少し詳しくききたい。(2歳児クラスママ)

子どもに対して威圧的・ヒステリック

かなりの大声で「○○ちゃん!うるさい!!」「いい加減にして!」と怒鳴りつけていた。いつも笑顔の先生がいると、つい比べてしまう。(1歳児クラスママ)

風邪をひくと嫌味を言われる

入園してまだ1年だからか、毎週のように風邪をひき鼻水を垂らしていました。先生に報告すると「また?」と言われたのはショックです。服装にも室温にも気をつけているのに…。(0歳児クラスママ)

子どもをみていない

公園で見かけた先生は、園児が砂を口に入れていたのに払おうともせずスルー。こちらが声をかけると、あらかあさまに嫌な顔していた。(年中クラスママ)

タメ口でなれなれしい

仲良くなろうとフランクに接してくれるのはうれしいけど、友達ではないのだから先生らしい毅然とした態度を希望している。(年少クラスママ)

パパがお迎えなんて珍しいですね

仕事でどうしても送迎が厳しいのは先生も分かっているはずなのに、そう言われるとがっくりした。(2歳児クラスパパ)

ひよこ

毎日顔を合わせるからだんだんストレスがたまってくるよね…

フィーリングが合わない先生に対する対処法4つ

ほどよい距離をとる

「苦手だな」と一度でも思うと、その先生の態度や表情すべてが気になってしまうものです。攻略のコツは、少し冷静になって個人的な感情をいれずにつかず離れずの関係を保つこと。

親とは難しくても我が子とはよい関係を築いてくれているなら、ささいなことは右から左へ流し、時間をかけて見守ってみましょう。

あえて明るく話しかける

こちらから元気にあいさつして「ウェルカムですよ!」「私は話しかけやすい人ですよ!」という態度に変えると、先生もの表情も次第に柔らかくなるかもしれません。

「園ではどんな風に過ごしていますか?」

「ちゃんと先生の言うこと聞いていますか?」

「お友達と仲良くできていますか?」

など、コミュニケーションをとりながら、焦らずゆっくり信頼度を深めていくのがベストです。

尊重し信頼する

国家資格を持った人のみが先生になれるわけですから、悪いところばかり目を向けずに信頼するのもひとつの手段です。

「子どもだけでなく親も一緒に育ててもらう」意識で、一歩下がって先生をみてみましょう。

シロネコ

なんてったって保育のプロだからね!

他の先生や園長に相談する

保育者としてあるまじき態度であったり、あきらかに悪質なとき、子どもの様子がおかしいときは、できれば他の父兄にも話をきいてから園に具体的に相談するのがおすすめです。

複数の意見として相談する方が穏便に話がとおるケースもあるでしょう。もし問題の先生に指導が入るようならば、相談者の名前はふせて注意をしてもらうようにしてください。

これはNG

子どもの前では先生に対する否定的な発言はしないこと。親にとって苦手な先生であったとしても、子どもとの関係が良好なら、子どもの前では絶対に否定的な言葉は出さないようにしましょう。

子どもも一緒に嫌いになってしまい、ますます気まずくなる恐れがあります。

まとめ

先生の態度が常識の範囲を超えていれば園に相談するのもありですが、「なんとなく苦手だな」と感じたときは、一旦は冷静になって自分の気持ちをコントロールすることも大切です。

無理のない範囲でじっくりと関係を築いていけば、伝えにくい意見もさらっと伝えていけるようになるはず。上手に手のひらで先生を転がしつつ、気楽な気持ちで接してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です