双子の喧嘩は大変だけど仕方ない?年齢別の対処法と親の接し方を解説

こんにちはエヌ子です。

我が家の3歳双子の女の子(あこ・りこ)。似た者どおし、毎日喧嘩が絶えません。

物の取り合い

叩き合い

泣く

これの繰り返しで毎日イライラ。怒鳴ってばかり。

同じように頭を抱えている双子ママ・パパも多いのではないでしょうか。

この記事では双子が喧嘩したときの『年齢別の対処法や声かけ・接し方』を紹介していきます。

なんで喧嘩ばかりするの?

 

『乳幼児期のけんかやいざこざに関する自我発達心理学的研究』という論文には、

園城寺式乳幼児分析的発達検査、KIDS乳幼児発達スケール、乳幼児精神発達診断法の三つの発達検査に、乳幼児発達スケールでのチェック項目となっている

とあります。

発達検査の中にケンカ・いざこざの対人行動のチェック項目があることから、乳幼児期のケンカは発達過程でとても重要なポイントであるそうです。

なんで毎日喧嘩をするの!?とイライラしますが、

「今まさに対人能力のスキルを磨いているのか…!」と冷静に見守るようにしています。

【年齢別】双子の喧嘩パターンと解決法まとめ

 

双子のケンカは、ほぼ同じ精神年齢・知能の人間が2人いるから仕方ないことですが、 困ったものですよね。

ここでは年齢別のケンカのパターンと対処法をまとめました。

0歳〜1歳

よくあるケンカのパターン
  • 相手の手や体がぶつかってイライラ
  • おもちゃのとりあい
解決法
  • 同じものをできるだけ2つ用意する
  • 個別スペースを作る
  • 喧嘩しても気にしすぎない

ハイハイをする頃からはじまるの双子のケンカ。

ケンカを避けるには、 おもちゃだけでなく、紙、空箱、タオルなど、同じ質感や素材のものを2つ用意することです。

「物そのもの」にこだわりはないので、 よそからガサガサ面白い音がすると「なんだろう?」と興味がわき、気が紛れます。

不快に感じるとすぐに泣き出してしまうので、ぶつからないように、目の届く範囲に安全に遊ばせてあげましょう。

1歳〜2歳

よくあるケンカのパターン
  • ママの取り合い、膝の奪い合い
  • 軽い暴力や噛みつき
  • 物の取り合い
解決法
  • 交互に抱っこ
  • 言い聞かせ
  • 10数えて順番を覚えさせる

ケンカがはじまるとまるで動物園。

泣いたりわめいたり叩いたり、 遠慮なしにおもいきりお互い気持ちをぶつけるようになる時期です。

暴力に発展したら「叩かない、噛みつかない」と何度も言い聞かせます。

言い続けることで「やってはいけないことなんだ」と理解するので、少しずつ取り組みたいですね。

 

相手の物を欲しがるときは、「10数えてから交代」を覚えさせて順番に使わせます。

\我が家の双子に順番を覚えさせるのに使えたのがノンタンの絵本です/

テンポよく10までカウントしながら読んであげると食いつきよし。

N子

繰り返し読むことでスムーズに10まで数えられるようになりました♪

3歳以降

よくあるケンカのパターン
  • 相手の物が欲しくなる
  • 物の言い方がイラっとした
  • 嫉妬
解決法
  • 両方の言い分をとことん聞く
  • 好きなテレビや音楽をつける
  • 外に連れ出す

感情が複雑に発達してくると、「相方だからこそ腹が立つ」 ことが増えてきます。

早く収めるには偏らず両方の言い分をしっかり聞くことがポイント。

言いたいことを吐き出せてあげると、 また2人で遊び出すのが双子のよさでしょうか。

あこ・りこ

やっぱり仲良し!
MEMO

即効性があるのはやはり好きなテレビや音楽。

避けたい手段ではありますが、 親の体力や気力を消耗したくないときは、仕方ないことです。

ここはいっそ割り切りましょう!

天気がよくて、親の体調も問題なければ、 外に連れ出すのも手取り早いですね。

体を動かすことで喧嘩でたまったうっぷんを晴らすことができます。

3歳以降のケンカには注意の仕方・接し方を変えてみる

うちの双子は妹・りこの性格が激しいようで、 姉・あこの物がどーしても羨ましく見えてしまうようです。

育児相談のとき心理士さんから聞いたコツを共有します。

  • 「ダメ」「◯◯しないの」と言うと逆効果。 悪い行動を強化してしまう
  • 2人が一旦落ち着くまで「やめなさい!」と注意せずスルーしておく
  • 相手にあやまることができたり、 物を貸してあげられたらすぐに褒める

この繰り返しで「相手を思いやる気持ち」を学習するのだそうですよ。

まとめ

 

双子の子育てで避けられないのが喧嘩です。

とはいえ喧嘩は発達の過程において、対人能力を身に着けるため必要なこと

  • 年齢別に親の接し方も工夫する
  • 親がしんどいときは無理せずテレビや外遊びで注意をそらす
  • 言い方を変えてみる

喧嘩を完全になくすことはできませんが、 工夫しながら育児に取り組んでいきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です