主婦が個人事業主になる方法は意外と簡単!扶養が外れるかも解説

こんにちは在宅ワーカーのエヌ子です。

在宅ワーカーさん

個人事業主、どうやってなるの?確定申告が難しそう

悩める主婦

個人事業主って扶養からはずれるの?

この記事ではこんなお悩み・疑問をまとめていこうと思います。

実はわたしも専業主婦から個人事業主になり在宅ワークしています。

ここではわたしと同じように、 専業主婦の立場で個人事業主になる方法を知りたい人に向けて、 個人事業主のなり方やメリット・デメリットについて解説していきますね。

↑開業したい人はこちらから↑

わたしが在宅ワーカーから個人事業主になった経緯

最初から個人事業主になろう!と決めていたわけでなく、 子どもの保育園入園のためでした。

自治体の保活資料をみると、在宅ワーカー、自営業者、会社に直接雇用されていない人が、働いていると証明するためには「開業届」が必要だとのこと。

調べてみると開業届を出すことが個人事業主としての第一歩で、 すべて簡単な手続きでできることがわかりました。

個人事業主になるとおトクな青色申告が利用できることもわかり、さっそく準備にとりかかったのです。

開業届を税務署に提出したら個人事業主になってました

N子

個人事業主とは?個人事業主になるべき人

個人で事業を行う人のことです。

自分の力でなんらかの収入を得ている在宅ワーカーさん、ブログで稼ぐアフィリエイターさんなどは、すでに個人事業主に該当しています。

専業主婦の場合で、年間で基礎控除内の38万円以上の所得があるなら、 個人事業主として開業した方がメリットが大きいですよ。

言いかえると収入(売り上げ)から経費を引いた額(所得)が38万円以内なら、確定申告も不要ですし、個人事業主になる必要がありません。

個人事業主と会社(法人)の違い

法人の場合は設立時にお金が必要だったり、社会保険、税負担がかかるなど規模が大きくなります。 自己負担なしで事業をはじめたい主婦や在宅ワーカーさんは、まずは個人事業主を選ぶといいでしょう。

個人事業主の始め方

個人事業主になるためには、まずは開業届を作成し・税務署で受理されることが必要です。

開業届の正しい名称は「個人事業の開廃業届出書」といい、 個人で事業をスタートしたことを税務署に知らせるための書類です。

開業届とはこういったものです。

氏名・マイナンバー・職業欄・屋号などを記入します。

私の場合はWebライターの仕事を中心に活動しているので、職業=文筆業として申請しました。

文筆業ってなんか作家みたいね

クロネコ

開業届は誰でも出せる 
たとえ所得が0円でも開業届を提出することはできます。 法律で義務付けられていないので、提出するかどうかは本人に委ねられているのが現状です。

 開業届の作成方法と出し方

ここから具体的な開業届の作成と提出方法について解説します。

方法は、

  • 自力で作成し郵送する
  • 税務署に行って教えてもらう
  • 開業freeeを利用する

の3つから選べます。自分にとってやりやすいものを選びましょう。

N子

私のおすすめは自宅で簡単にできる開業freeeです!

自分で作成して郵送する

まずは国税庁のホームページにアクセスします。 「個人事業の開廃業等届出書」をダウンロードしたのち、 必要事項を記入、切手を貼って送りましょう。

提出先は納税地を所轄する税務署長宛てです。

届出に必要な必要なものは次のとおり。

  • 開業届(提出用)
  • 開業届(控用)
  • マイナンバーカードもしくは身分証明書のコピー
  • 郵送用の封筒と切手
  • 返信用切手を貼った返信用封筒(控えが欲しい場合)
  • その他提出書類(開業届と併せて他の書類も郵送する場合)
注意
時間に余裕があるならおすすめの方法ですが、不備があれば戻ってきてしまうのがデメリットですね。

税務署に行って手続きする

最寄りの税務署に足を運んで、職員に質問しながら手続きすることもできます。

ただし3月の確定申告時期はとても混雑して、長い時間待つ必要があるので気をつけてくださいね。

ちなみに私は自宅のすぐ近所に税務署があるので、この方法を選択しました。

しかし作成の段階から誤字で書き直したり、提出時はマイナンバーを忘れていたり時間のロスが多かったです。

注意
閉庁日(土・日曜日・祝日等)は手続きできません。

開業届を最速・確実に受理してもらいときは「開業freee」を利用する

開業届はこれまで説明したとおり、いろいろな方法で提出することができますが、やっぱり初めての人はハードルが高いですよね。

私もググったり税務署に行ったり、なんだかんだ時間がかかってしまい、大変な思いをしました。

それに子育て中の在宅ワーカーさんにとっては、貴重な時間をリサーチに当てるのはもったいない…。

わたしのおすすめは最短で確実に開業届を作成できる開業freeeです。

こんな風に簡単な質問に答えていくだけで、必要な書類がすべて自動で作成されます。

また開業freeeでは、その人に必要な書類のみ作成・出力されるのでとても便利。

ガイドを見ながら税務署に書類を持っていけば、迷うことなく開業を完了できます。

しかも地図まで提示してくれるんです…!なんてできる子!

途中で不明点がでてきた場合のサポート体制も万全。初めてでもサクサク進められます。

 他にもこんなメリットが

税額シミュレーションでおすすめの申告方法を提案してくれる

事業の売上や内容から青色申告or白色申告、それぞれの見込み納税額(所得税・住民税・健康保険料の合計)を簡単にシミュレーションできます。

どちらを選択したらいくらおトクなのかすぐ分かり、自分にあった申告方法を選べます。

青色申告の承認申請書も作成できる

開業届と一緒に提出すると便利な「青色申告の承認申請書」も作成可能。確定申告の際には65万円の控除をうけられ、しっかり節税ができます。

すべて無料で利用できるサービスですので、利用しない手はないですね。私もサービスを知っていたら絶対利用していたのに…。あの無駄な時間はなんだったのでしょうか。

↓ 「開業freee」を試したい方はこちら ↓

これから開業を考えている人はぜひ活用してみてください。

個人事業主になるメリット

開業届をだして個人事業主になると、私のように保活が有利になる以外にも、さまざまなメリットがあるので紹介しますね。

屋号をつけられる

開業すれば屋号を登録できるので仕事に幅が広がります。

在宅ワークの場合、個人名や通称で仕事をされている人も多いかもしれませんね。ただ個人名だと「どこの誰だかわからない」取引先に足元を見られることもあります。

社会的な信用度を増やしたいなら、屋号はつけておいて損はないでしょう。 銀行口座も、家計とは別で屋号で開設することができます。

ヒヨコ

屋号決めは悩むので早めに考えておこう!

経費で落とせるものが増える

個人事業主になると、いろいろなものが経費として計上できます。

わたしが経費申請しているものを紹介すると、

  • インターネット接続料金
  • 携帯代
  • 書籍、情報商材
  • 打ち合わせの食事代
  • 取材のための旅費や交通費
  • レビューしたい商品を自分で試す時の代金
  • 電気代など(自宅の一部を仕事場にしているため)

これはごく一部ですが、すべて経費で落とすことができます。

MEMO

経費で落とすためには「事業で必要である」ことが条件。 正しい理由と領収書さえあればわりと適用範囲は広がりますよ。

青色申告を選べる

確定申告には白色申告と青色申告の2パターンがあります。

青色申告と白色申告の違いは次のとおりです。

白色申告 青色申告
青色申告特別控除 なし 10万円 65万円
記帳の方法 単式簿記 単式簿記 複式簿記
税金控除額(専業主婦の場合) 38万円 48万円 103万円

青色申告の複式簿記に挑戦すれば、 38(基礎控除)+65=103万円の所得まで非課税になります!

所得が38万円を超えていて、できるだけ節税したいとき、今後も継続して稼いでいくつもりなら、個人事業主になって最大65万円の控除ができる「青色申告」をするのがコツです。

青色申告を利用するには

「青色申告承認申請書」を税務署に提出することが必須です。 開業届と同じく難しい手続きは不要。 開業届と同時に税務署に提出すると手間が省けるのででおすすめします。

「青色申告承認申請書」 はこちらのページからダウンロードできます。

注意
上の「青色申告承認申請書」は、青色申告書による申告をしようとする年の3月15日までに出す必要があります。 (その年の1月16日のあと事業を開始した場合は、事業開始の日から2月以内が期限)に提出してください。

主婦さん

メリットあるのはわかった。青色申告の65万円コースって難しいんじゃないの

N子

確かに最初はとまどうかも。でも会計ソフトを使えばびっくりするくらい簡単にできるんだよ

おすすめの会計ソフトはこれ!

私が使っているのは無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」です。

私は会計(というより数字)がとても苦手で、個人事業主になるにあたり、一番不安だったのが確定申告でした。 でも会計ソフトのおかげでトラブルなしに青色申告ができています。

こんな風にトレンドの家計簿アプリのような感覚で、スマホで簡単に経費を登録できるのも特徴。

コツをつかめば簡単なので苦手意識もいつの間にかなくなっていました。

↓ 「会計ソフトfreee」を試したい方はこちら ↓



とはいっても会計はだれでも最初は難しいものですよね。

freeeを使いこなすには、こんな本を持っていれば困ったときに便利ですよ。

\個人事業主・フリーランスの税や確定申告について疑問がある人はこの本もおすすめ/

「税金・社会保険の基礎知識」や「帳簿」「青色申告」「消費税」などについて 個人事業主の人が抱きやすい疑問や誤解を解決してくれます。

開業すると毎年確定申告は必須。 会計ソフト「freee」を活用してサクッと終わらせちゃいましょう。

個人事業主のデメリット

メリットいっぱいの個人事業主ですが、デメリットもあります。

確定申告は必ず必要

たとえ年間所得が数万円でも、確定申告が必要です。 毎年2月16日〜3月15日に、事業における1年分の収支を確定申告で報告する必要があります。 経費の計算などややこしいので後回しにすると大変なことに。

経理を自分で行う

青色申告の場合、複式簿記がどんな流れか覚えて自分で確定申告しなければなりません。

失業保険が出ない

雇用されているわけではないので収入がなくても失業保険はでません。 ほかに、病気や事故などが原因で事業に影響が出ても自己責任ということに。

主婦が個人事業主になったら扶養から外れるの?

専業主婦ならもっとも気になるところだと思います。

特に健康保険の被扶養者から外れて「自分で国民年金に加入する」「自分で国民健康保険に加入する」ことの問題が大きいですよね。

ひよこ

負担が一気に大きくなる…

これは「税務上の扶養」ではなく「社会保険の扶養」の話。いわゆる130万円の壁ってやつです。

サラリーマンの妻であれば「年収130万円以下」なら、健康保険の被扶養者として認定されますが、妻の年収が130万円を超えてしまうと、健康保険と年金の保険料を自分で払う義務が発生!

実はこの「社会保険の扶養」ですが企業の組合によって基準が違います。

税務上では

個人事業主の場合:収入(売り上げ) − 必要経費 = 所得 の所得で税金がいくらか決まる

 

社会保険上では

組合によっては収入(売り上げ)のみで130万円以上か以下か判断されることがある

ですから少し稼ぐだけで扶養から外れて不利になってしまいます…。

ただ基準に違いがあるので、経費を差し引いた額の所得で判断してくれる組合も

わたしが電話で問い合わせたところ、年々厳しくなっているそうですが、個人事業主の場合、あまりに膨大な経費(常識から逸脱した)でなければ認めてくれるそうです。

たとえばWebライターの売り上げが130万に対して経費が120万だと、組合の担当者も「事業の内容に反して多すぎだろ」ってなりますよね。(出張取材で飛行機・ホテルを何度も利用した、とかならありえるかもしれないですが)

社会保険の扶養は本当に頭が痛い問題です。これは人によって答えが違うので、まずは問い合わせてみましょう。

組合の連絡先を調べる方法
 健康保険証の裏を見てください。 組合名と電話番号も記載されているはずなので、チェックしておきましょう。

あれこれ悩むより一番手取り早いです。

問い合わせるときは

  • 現在の職種(個人事業主など)
  • 1年あたりの売り上げの目安
  • 経費を引いた所得で判断してくれるか(←重要)
  • 経費は認めてもらえる場合は必要書類は何か

を確認しましょう。

2018年10月から社会保険上の扶養者認定が厳しくなったため、特に専業主婦の人は開業届を出す前に所属する社会保険の規定をよく確認してくださいね。

まとめ

主婦婦が個人事業主になる方法や流れを解説してきました。

まとめると

  • 開業届を出せば個人事業主になれる
  • 開業届は郵送、直接税務署に行く、開業feeeを利用。この中から自分に合った方法を選んで提出する
  • 会計ソフトを使うと青色申告も簡単にできる
  • 個人事業主になって扶養から外れてしまうか心配ならば、まず開業する前に健康組合に確認する

この記事を読んで、そこまでハードルが高くないからやってみよう!と思ってもらえるとうれしいです^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です