ブログ初心者でも文章力がみるみるアップ!読みやすい文章になる簡単練習法

こんにちはエヌ子です。

「文章がうまくなるには?」
「文章力をアップしたい」
「読者目線の記事を書きたい」
「うまい文章を書く自信がない」

かけだしのブロガーさんや、Webライターに興味がある人にとって気になる問題だと思います。

ひよこ

文章書くって難しいよね

ブログ歴も浅いへなちょこWebライターですが、先日Googleアドセンス審査の記事をアップすると、このようなお褒めの言葉をいただいたのです!

ライター冥利につきるお言葉…(涙)!ありがとうございます。
\Googleアドセンス関連記事はこちら/
【2019年4月最新】Googleアドセンス審査に7記事で合格するテク【初心者】

そんなわたしも文章力をあげる練習は欠かせません。

今日はその方法を紹介します。ライター初心者でも文章能力をサクッと上げることができますよ!

読みやすい文章を書くためのおすすめの練習

ではさっそく文章能力をアップするための、すぐに取り組める方法を紹介していきますね。

文章をひらく

「漢字とひらがな・カタカナのバランス」はとても大切です。

漢字だらけの文章だと、小難しく感じて読む気が失せませんか?

一般的には漢字3割:ひらがな7割がバランスがよいと言われていて、

文の見た目のバランスを整えるだけで、圧倒的に読みやすい文章が簡単にできあがります。

  • 漢字を使いすぎる
  • あえて難しい言葉を使おうとする

上にあてはまる人は次の表を参考に、
漢字をひらがなに変えて、ひらくことを意識してみてください。

漢字 読み
予め あらかじめ
併せて あわせて
言う いう
致します いたします
頂く いただく
一旦 いったん
及び および
下さい ください
こと
先程 先ほど/さきほど
更に さらに
過ぎる すぎる
既に すでに
全て すべて
是非 ぜひ
沢山 たくさん
但し ただし
ため
付ける つける
次いで ついで
使う/遣う つかう
出来る できる
通り とおり
とき
伴い ともない
共に ともに
なお
中々 なかなか
など
ほか
良く よく
分かる/判る/解る わかる

短い文章を心がける

たとえば次の文章はどちらが読みやすいでしょうか。

文章をよく見せようとして、「。」~「。」がやたら長くなる人がいるようですが、テンポよく読み進められる文章というものは、わりと1文が短くなってしまう傾向にあると言われているようです。

文章をよく見せようとして、「。」~「。」がやたら長くなってしまいませんか?
テンポよく読み進められる文章は、わりと1文が短めです。

ダラダラと冗長した上の文章に比べて、下の文章がスムーズに読みやすいと思います。

「短い文を書こう!」と決めて書くのもよいですが、後から読み直したときに、「どこを削れば読みやすくなるか」を意識することが大切です。

「何に書くか」によって違いはありますが、一文あたり文字数にしておよそ40文字前後を心がけてみましょう。

\さらに詳しくしりたい人はこちらの本がおすすめ/

タイトルからわかるように、Webライティングに欠かせない技術が60種類も掲載されています。
ライティング初心者も、本のとおり真似して書けば、スキルアップすること間違い無いでしょう。

書き方・クリックしたくなるタイトル集など、目からウロコのノウハウも満載。手元に一冊あるとめっちゃ便利です。

シロネコ

肯定文で書く

「〜できない」「〜していない」などの否定的な言葉をつけると、文章が長くなり読みにくいです。
これを肯定的な言葉に置き換えると、スッキリ読みやすく変わります。

ご飯を食べないで寝ないでください。

ご飯を食べてから寝てください。

保存容器のチャックを閉めないで、片付けないでください。

保存容器のチャックを閉めてから片付けます。

お店はまだオープンしていない。

お店は3時からオープンする。

など。

否定語が入ると読み手に間違った情報を与え兼ねないので、なるべく肯定的な文章を意識することが望ましいですね。

ひよこ

ウッカリやってしまいがちだから気をつけよう

お題を選んで短い文章をたくさん書く

上記で解説したように、短くて読みやすい文章とは40文字程度の短めの文章です。
書き慣れるには、やはり文章をたくさん書くこと。

私のおすすめは、単語をピックアップして、関係する文章を自由に作成する練習です。

想像力も鍛えられますし、場所を選ばずどこでもできるのがポイント。

MEMO
文章を作成する際は、30文字以上80文字以内でおさまるようにします。
全文をつなげる必要はなく2~3文になってもOKです。

たとえば

  1.  運動
  2.  世の中
  3.  嫌なことがあると

を選ぶとします。

この後に思いついた短文をつないでいきましょう。

こんな感じです。

運動するならより効果的な時間帯に行うことが大切です。もし午前中に運動を行うなら、朝食と昼食の間が効果的。体と脳がしっかり起きているので効率的に動けます。

 

世の中顔やカネだと言い張ってきたアイツは、この前事故で亡くなった。人生何が起こるか本当に分からない。

 

嫌なことがあると、気持ちが重苦しく締め付けられるような感覚におちいる。しかしどれだけ辛い出来事でも時間の経過と共に忘れてしまう。人間とは不思議なものだ。

正解はないので練習していて特にストレスはたまりません。

単に文字数だけで書こうとするのではなく、
短い文章内にも起承転結を入れて書くこと意識すると、リズムがでてきて読みやすくなりますよ。

書いた文章を音読する

自分が書いた文章をチェックするには、書き上げた文章を声に出して一度読んでみましょう。

最初に解説した「ひらいた文章」でなければ、「えっと??この漢字はなんて読むんだっけ?」とつまってしまったり、内容が頭に入らなかったりします。

また音読すると誤字や脱字に気づきやすいのもメリット。

あとから書き直す手間が省けて時間を有効に使えます!

自分が心地よい、こんな文章が書きたいと感じる文章をみつけたら、テンポやリズムをつかむために、音読するのもおすすめです。

初心者が文章力をあげるには書いて練習を繰り返すこと

 

文章力のある・なしは、生まれつき備わっているものではなく、どれだけ文章をたくさん書いたか、ということに尽きると思います。

ライター一本で食べている人も、最初からプロフェッショナルだったわけではないはず。
自分でやれることは試してみて、あきらめないで書き続けていると必ず文章力もついてくる、とわたしは思います。

私もまだまだ発展途上ですが一緒にがんばりましょう!
\こちらの記事もおすすめです/
未経験者でもできるの?WEBライターに向いている人をざっくり解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です